VR活用事例

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を使ったサービスについて

VR活用事例のイメージ画像です

VR / ARが描き出す可能性は、エンターテイメント領域を超えて、様々な仕事の分野の業務効率改善に広がっています。サービスのPoCから、フィジビリティスタディ、実証実験のそれぞれのステージで、各種開発の知見を基に参画しています。また、IoT開発に伴うファームウェアの開発・調整のノウハウは、VR / ARサービスの実運用にも力を発揮しています。

VRとは?のイメージ画像です

VRとは?

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を使ったサービス内容は、企画される立場によって千差万別です。一方で、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせることで、VR / ARも実現可能になります。私たちは「実現したい」というユーザーの熱意を汲み取り、どのようなハードウェアとソフトウェアでVR化するか、AR化するかを常に意識しプロジェクトに向き合っています。

VRを楽しむ為に必要なもののイメージ画像です

ハードウェア環境

米Facebook社の「Oculus」、台湾HTC社の「VIVE」、米Microsoft社の「HoloLens」、SonyのPlayStation「PSVR」。これら4つが現在VR / ARをリードするハードウェア世界企業です。それぞれによって大きな特色があり、体験できることも違います。共通するとすれば、いずれも世界を舞台に若い感性を刺激するプロモーションを展開していることでしょうか。外国語をベースにした最新のトレンドはジョークコンテンツのようにtwitterに流され、反響を呼び洗練され、やがて主要な機能となっていきます。技術革新の兆しを掴むアンテナがハードウェアエンジニアにも求められます。

VR活用事例のイメージ画像です

VR活用事例

サービスの企画開発では、実際の業務フローの一部効率化や、学習研修の成果向上を目指しての活用事例が主となっています。今後は案件の傾向から、リモートによる業務遂行に様々な活用が求められそうです。時代の流れに応じて変わる活用事例に私たちも柔軟に対応していきます。